スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2023の投稿を表示しています

12月9日:自分らしく生きる

自分らしく生きろ!とか ありのままでいろ!とか言うじゃん。 私は何が自分らしいのか、どうすれば「ありのまま」なのかわからん。 さっぱりわからん。 考えすぎるところと、考えすぎた上で突っ走るところと、深く考えず実行に移しちゃうところがある。 どれもつまりは自分なので、どの行動を選択すれば”自分らしい”のかわからん。 そんな混迷極める私でも、最近ひとつ、絶対これは言いたい!ということがある。 それは「観察しろ」ということ。 動きを観察する。反応を観察する。なぜそうなったのかを観察する。 他人を観察しても、機敏は想像するしかないので 最もよい観察対象は自分である。 なぜイラついているのか、怒っているのか、喜んでいるのか、ビールを飲みたいのか、何もしたくないのか、私の今はなぜ起こっているのか。 観察して、ジャッジはしない。 しないようにする。 「すぐジャッジする」(正誤の結論をつけたがる)は私の癖だと、長年の観察の上でわかっているので。 なぜこれを書いているかというと、 SNSでねー。 これ書こう!いや書かない?書いても誰も読まない?画像つけないと見てもらえないよ。でも、とってつけた画像つけてもねえ。そもそも書くほどのことでもない。でも何かをポストしたい。いやこんなこと発言したとて。とてね。 みたいなことを延々と考えたのち、結局ポストしないのよ。笑 「いいじゃん!思ったことを、言いたいことをポストすれば。 自分らしくいなよ!」 いや、【延々と考えたのち、結局ポストしない】のも自分らしさなんですよ。 一義的なことは言えないしできない。 「ありのままの自分を愛そう」とかまじで言えない。 言う気もない。 楓

12月7日:性について

私は自分の女性性についてずっと自信がなかった。 小さい頃からずっとショートカットだった。 5歳とか6歳の頃、衣料品店で知らない男の子に「男がスカート履いてる!」と言われた。 そのショックを今でも覚えてる。 小学校のころ 「楓ちゃんは男子の方が仲いいよね」と言われた記憶がある。 男子と話しているのは楽だった。 女子で仲良くしてくれる子ももちろんいた。 中学校のころ 膨らんできたおっぱいが好きだった。 女子が苦手だった。女子に憧れもいてた。 男子といるのは楽だった。男子が好きだった。 自分はエロい方の人間だと思っていた。 高校生のころ エロスが開花した頃だと思う。 男子に恋するのが好きだった。 女性の友人もたくさんいた。 誰も嫌いじゃなかった。 嫌いなのは自分だけだった。 カナダにいたころ 性について何か考えてた記憶はない。 ただただ女だった。 東京に来てからしばらく ファッションから女性性を排除したい時期があった。 性愛としては男性が好きだけど、女性でいたくなかった。 胸の膨らみが目立たないような衣類をつけた。 中性でいたかった? でも性愛は全然ヘテロだった。 たまに、自分の”心の性”が 体の性と一致してないんじゃ?と思うことがあった。 女性でいたくないと思うことがよくあった。 でも体はどこまでも女だった。 私は自分の性を見つめている。 それはいつでも揺らいでいる。 愛していると思う人だけ、であるかと思えば 別にそうでもない時もあるし 知らない人じゃないと無理、誰ともわかりあいたくない時もあれば 知っている人とだけ繋がりたい時もある。 正直そこに性が関係あるのか… わからない。 あるとしてもどれだけ関係しているのかわからない。 今日マルだったことが、明日サンカクやバツになっているかもしれない。 Don't judge others. 他人をジャッジするな。 とはよく言う。 私は自分に対してもこれが言えるのではないかなと思う。 Don't judge yourself too soon. 自分をわかった気になるな。 とも訳せるかな。。 私が大事にしたい感覚は、自分を観察すること。 自分の心や、体の機敏をじっくり見ること。 観察していると、自分はどうしたいのか?が見えてきたりする。 今はムンムンに匂い立つような女になってみたいと思ってる。 でも心のどこかに

12月3日:大更新期

バタバタとしています。 バタバタしたまま12月を過ごし、気がつけば年末に立っている… そんな近未来予想図。 いま「きんみらい」って打ったら「金未来」って変換されたよ。 ええやん!わかってるね! 寝る前にちょっと上がるテンション。 私ね2020年の半ばにiMacを買いまして、それ以来Macbookと2台でやってきたんですが、先日iMacを売却しました。 MacbookはAppleシリコンでiMacはIntelだったので、Macbookのほうが性能がいいとずっとわかってはいたのです。 でもiMacで作業してたの。音楽制作も画像編集も何もかも。画面が大きかったからね。 Macbookは録音のみに使用してました。 でもこないだ遂に映像編集をMacbookでやってしまったのよね。 そしたら鬼速かった。当然なんですが。 何をしてもスイスイ動く。ちょっと固まるとかない。 ストレスない。 あーーーーーーーー これもうiMacいらんやん…いやわかっちゃいたけど…… ですぐ手放しました。 何だったらiMacとほぼ同時に買ったRealforce for Mac(キーボード)も売った。 そして直後にEIZOのモニターとMac純正のキーボードを買った。 つまりこの数日間で作業環境が一変したのです。 もっと言うと1ヶ月前くらいにマウスも変えました。 なのでほんとに一新、心機一転です。 私はどうやら今、心機一転大更新の時期にあるらしいです。 この10年、どこに行くにも行動を共にしてきたスーツケース(ムーミン柄) これももうボロボロで、今年中に卒業させることにしました。 新潟、大阪、京都、名古屋、静岡、高知、そして都内のライブハウス各所。 ほんとにお世話になった。今までありがとう。 新しい何かが始まるのだろうか? それに向けていろいろなものが入れ替わっていってるのかしら? 明日は下着を全入れ替えする予定です。 おらおらー! 楓 ちなみに普段は同じものを永遠に使い続けるタイプです。 OSとか全然更新しない… つい数日前までBig Surでした。。